効果を高めるための痩身エステ前後の食事やその後の活動

痩身エステ効果

痩身エステとは専門の機器やエステティシャンのマッサージによるダイエット法です。
ここでの施術により血流やリンパの流れが改善され、老廃物や余分な水分がスムーズに排出されるようになるために身体が細くなります。

そして痩身エステでの施術前後にふさわしい食事を取り、尚且つ脂肪の燃焼や筋肉の増量を促す活動を行うことで、美容効果は高まります。

では具体的にどのような点に注意すべきなのでしょうか?

まず痩身エステ後は2時間ほど食べ物を控えるようにします。施術後は代謝がアップしているために、体が栄養素を吸収しやすい状況にあります。

この状態で脂肪分の多い食べ物などを摂取すると体が脂肪を溜め込むことになり、せっかくの施術が無駄になってしまいます。
施術後は空腹を感じることがあるかもしれませんが、我慢が必要となります。
そして2時間が経過したからといって好きなものを好きなだけ食べることはお勧めできません。

痩身エステの効果を高めるためには野菜を中心とした軽めの食事がお勧めです。
実のところ施術後2時間が経過した後も体はまだ普段よりも栄養素を吸収しやすい状況にあります。

ここでビタミンを豊富に含む野菜を摂取することでダイエット効果だけではなく、美容促進効果も期待できるのです。
しかし野菜をサラダで食べる場合は油分の多いドレッシングなどは控えるようにするべきです。

また美しく痩せるためにはタンパク質の摂取が必須となります。そのため脂質の少ない卵や鶏のささみなどを摂取することも必要です。
これらの食事は就寝2時間前までに済ませるようにします。

しかし仕事が終わってから痩身エステに通い、施術の2時間後に食事を取ってそれから2時間休むとなると、
就寝時間が遅くなってしまうという人がおられるかもしれません。

このような人の場合、施術前に軽く食事を済ませることができます。
この場合、体を温める効果のある食材を摂取すると新陳代謝が高まり、ダイエット効果が高まります。

また施術後は老廃物などが体外に排出されやすい状態になっています。
そのためそうしたものの排出を助ける水分をしっかりと補給するようにします。

しかし糖質を多く含んだものは脂肪の蓄積につながるために、避けるべきです。
また冷たいものを飲むとせっかく温まった体が冷えてしまいますので、ぬるま湯などを飲むようにします。

施術後は新陳代謝が高まっているために脂肪燃焼効果も高まります。このような状況で運動すれば、ダイエット効果は高まります。
またダイエットを行って美しい体を作るためには余分な脂肪や老廃物を体外に排出し、丈夫な筋肉で体を支える必要があります。

筋肉を構成する主な栄養素はタンパク質です。そのため先にも述べた卵や鶏のささみなどを食べる必要があるわけです。

しかしこれらを摂取しても、筋肉を使わなければそれを鍛えることはできません。このような理由により、運動も欠かすことができないのです。

加えて体の機能が効率よく働くようにするには十分な睡眠も必要です。運動すると体は適度な疲れを感じます。

このような状況は快適な睡眠につながるのです。また就寝前に本を読んだり、パソコンを使うなどすると頭がさえてしまいます。

このような状況は眠りを妨げますので、就寝前の読書やパソコンの使用は避けるべきです。

痩身エステで行われる施術だけでもダイエット効果を見ることが可能ですが、
その後に何を食べ、体をどのように動かすかによってその効果はさらに高まります。

この点に関する説明はエステティシャンによってもなされるはずですが、施術前から意識していると容易に行うことができます。

効率よくダイエットを行い、さらに美しくなるためには痩身エステに通う前から準備を始めるべきなのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ